TOP | デザイン | デザイン室の仕事の進め方

デザイン室の仕事の進め方

ふみぐら社デザイン室

ふみぐら社デザイン室の仕事の進め方


そこに「あなた」はいますか?
 
まず最初にお伝えしたいことがあります。
依頼を受けていきなりデザインに取り掛かるのではなく、まずお話を伺って「一緒に考えたい」「一緒に可能性を探りたい」というものを共有させていただいた方とだけ仕事を進めていく少し変わったスタンスでやっています。
 
ですので、どんな仕事でもお受けするということはありません。
すでに、やりたいコトやつくりたいモノが決まっていて、その作業をやってほしいという場合は、正直なところ私たちよりもうまくやってもらえるライター、デザイン事務所や制作会社、印刷会社さんのほうをお勧めします。
 
私たちの勝手なお願いで恐縮なのですが、それでもいいよというお客さまは以下の3つの「仕事の基本」を最初に読んでいただけると大変うれしいです。
 

 
1.まずしっかり話を伺います
「こんなものをつくってほしい」の前に「なぜ、つくりたいのか」「なにを大事にして仕事や生活をしているのか」「どんな想いを持っているのか」のあなたの話を聞かせてください。

現場の空気も大切です。あなたが届けたいものが生み出されている場所に私たちも足を運びます。農産物なら畑や田んぼ。食品なら厨房や加工場。クラフト製品なら工房やアトリエ。その場所にしかない空気を伝えるために。
 

 
2.立ち止まって考えます
時間や即効性が最優先ではありません。
ちゃんと長く愛されるもの、やっぱりこれがいいとリピートされるものは、一瞬だけ評判になってすぐに消えるのではなく、使い手の日々の暮らしや人生の一部としてあり続けるものです。

「今」の価値を最大化させるのではなく、この先ずっと価値を届けられるための提案やコンサルティング、制作物のデザインをします。作り手と使い手双方にとって本当に必要なものかどうを軸に考え、ときには「あえてそれをしない」という提案もします。
 

 
3.お互いに楽しくなれることをします
ゴールはシンプル。お互いに「これができてよかった」「出会えてよかった」と思えることです。そう思えるまでに少し時間はかかるかもしれません。
「今」を最大化させるのではなく「何年か後」に、あのとき話し合ってよかった、あんなふうにつくってよかったと思えることを大事にします。

この3つの「仕事の基本」は、誰とどんな仕事をご一緒する場合でも変わりません。なので「とにかく早くコスパ良く」という依頼の場合は、私たちでは合わないかもしれません。
 
見た目のいいデザイン、耳障りのいい言葉はいくらでもあります。でも、そこに、ちゃんと「あなた」が見えないと本当のファンはつくれない。私たちはそう考えています。
 
何をつくっているかではなく、つくっている人、仕事をしている人「本人」の魅力が伝わってくるかどうか。コンサルティングもデザインも、そこをきちんと共有するため(見つけるため)に時間を使います。時短と効率化の時代だからこそ、あえて流されない価値を大事にしたいのです。
 
面倒くさいかもしれませんが、最初にそこを理解いただいて「それでも!」と思っていただいた方とはとことんお付き合いさせていただいています。
 
売り方や伝え方の相談に乗ってほしい。イベントで話をしてほしいトークイベントに参加してほしいといったご相談・お問い合わせもお気軽にどうぞ。

どんな仕事を頼めるの?


つくり手がつくり出しているものにちゃんと合った「自然なデザイン」「人がそこにいるのを感じられるデザイン」が基本です。飾り立てるのでもなく、寡黙になるのでもない、そのものの価値と魅力を引き出すデザインを提供します。

扱っているのは名刺、ショップカード、冊子、パンフレット、チラシ、商品ラベル、POPなど。人と商品、サービスに寄り添う「紙でつくるもののデザイン」です。
 
6次産業のつくり手、担い手と生活者・ユーザーのあいだに入り、つくり手の想いや培われ生かされてる大事なことを伺い、その上で、どのように伝えたりコミュニケーションすれば「こんな人に届けたい」「こんなものを食べたい、使いたい、持ちたい」というハッピーな関係になれるかまで考えた「大きな意味でのデザイン」をさせてもらっています。

お問い合わせ後のながれ


1.フォームからお問い合わせ

お問い合わせいただいた内容を確認して、基本的に即日〜2営業日以内に詳細確認のご返信をいたします。
※まずは一度、話を聞いてほしいといったご相談もお気軽にご連絡ください。

2.ヒアリングのための打ち合わせ

お客さまのご都合に合わせてご相談内容、具体的なお仕事内容を直接お伺いしてヒアリングさせていただきます。もちろん無料です。
基本的にはお伺いして対面でのヒアリング、お打ち合わせになりますが遠方等で難しい場合はZoom等のオンラインツールを使っても行えます。

3.お見積り

案件内容を共有し、お仕事内容に対応したお見積りをさせていただき、問題がなければ承諾をいただいたのち作業に入ります。

4.デザイン

※デザイン案件のみ、50,000円を超えるお見積りのお仕事の場合は、デザイン構成案をご確認いただきOKとなった(制作に入る前の)時点で料金の先払いをお願いしております。
※経理処理において先払いに問題のある場合はご相談ください。

5.原稿や制作物の確認・修正・納品

必要な修正作業を経てスケジュール通り納品(メールでのデータ納品、クラウド上での納品、印刷会社からの直接納品など)いたします。
※指定の方法がある際は、ご対応いたします。
※納品月の末日締め、翌月末のお支払いをお願いさせていただいています。

お問い合わせ

主な対応地域

信州青木村、上田市、東御市
千曲市、長和町
小諸市、佐久市など
長野県全域
東京を含む首都圏
 
上記以外でも、ご希望がありましたらご相談ください。
全国どちらでも対応いたします。